本文へジャンプ
  1. トップページ
  2. 活動報告

活動報告

  • 活動報告

バナーエリアここから

ご質問・公園のご依頼

入会案内

活動報告

海域のモニタリング強化と水質基準についての要望
東日本大震災についてアピール
丹沢のツキノワグマ保全に関する要望

2010年度活動報告

横浜エフエム放送 基幹送信所移転計画 その後(9/28 更新)
横浜エフエム放送 基幹送信所移転計画 その後(4/8 追記)
丹沢湖カナダガン その後

「丹沢湖カナダガンの生態系からの排除について」という要望を神奈川県知事宛に出しました。その結果報告です

大山頂上鉄塔計画についての意見書に対するFM横浜からの回答書

山頂上鉄塔計画についての意見書に、FM横浜から回答書が来ました。

横浜エフエム放送株式会社の基幹送信所移転に関する意見書

前回要望書を提出したところ、エフエム横浜から当計画について詳細な説明を受けました。その点を踏まえ、さらに意見書を提出しました。

大山山頂鉄塔建設計画に関する要望書

大山山頂における新たな鉄塔建設計画について、景観上の理由から要望書を提出しました。

2009年度活動報告

丹沢湖カナダガンの生態系からの排除についての要望書

丹沢湖のカナダガンは要注意外来生物といわれています。外来生物は、元々そこに住んでいる生物より強いことが多く、多様な生態系を大きく崩しかねません。

横浜市鶴見区二ツ池の希少生物保全についての要望書

二ツ池は横浜市鶴見区獅子ヶ谷から駒岡にかけて位置する隣接した二つの池です。人口密集地でありながら、県のレッドリストに登録される種が集まった、非常に貴重な場所です。

羽田空港神奈川口道路建設に対する要望書

干潟の持つ水域の水質浄化作用など、その地域の環境に十分配慮してもらえるように提出した要望書です。

2009年総会時アピール文

当協会の2009年度の総会アピール文です。現状の自然状況をきちんと把握し、スムーズに問題解決していく仕組みを作り上げることを宣言しています。

菊名池の管理について(横浜市環境創造局長宛)

港北区菊名池の水が抜かれ、池内の生物が死滅した問題についての要望書です。

2008年度活動報告

2008年総会時アピール文

当協会の2008年度の総会アピール文です。

菊名池の管理について(横浜市環境創造局長宛)

港北区菊名池の水が抜かれ、池内の生物が死滅した問題についての要望書です。

2007年度活動報告

2007年総会時アピール文

毎年行われる当協会の総会のアピール文です。

2006年度活動報告

2006年総会時アピール文

毎年行われる当協会の総会のアピール文です。

藤沢市川名の道路計画について(神奈川県知事宛)

藤沢市川名の緑地保全についての要望書です。

ツキノワグマの保全に関する要望

丹沢山麓に出現したツキノワグマの対応についての要望書です。

多摩川河口干潟の保全に関する要望書

干潟生態系に影響しない環境保全についての要望書です。

米軍池子住宅地区の横浜市域に米軍住宅を建設する計画に対する意見書

人為排除による自然生態系を形成している、池子住宅地区についての要望書です。

金沢八景御伊勢山権現山の保全について

50年前の自然の多様性を維持している、御伊勢山権現山の保全についての要望書です。

2005年度活動報告

2005年総会時アピール文

毎年行われる当協会の総会のアピール文です。

現地性化学合成貝類化石群の天然記念物指定について

横浜市栄区瀬上沢の上総層群から発見された、ツキガイモドキ類に関する要望書です。

坪呑公園自然生態園の管理について

公園の「自然生態圏」としての管理運営に関する要望書です。

横浜市長宛 上郷地区開発事業(仮称)に対する要望

首都圏内緑地として重要な役割を担っている、多摩地区から三浦半島に繋がる丘陵に関する要望書です。

横浜市長宛 上郷地区開発事業(仮称)に対する要望

首都圏内緑地として重要な役割を担っている、多摩地区から三浦半島に繋がる丘陵に関する要望書です。

藤沢市川名緑地の保全について

貴重な都市内緑地である、藤沢市川名緑地の保全に関する要望書です。

1万段階段について -再考のお願い-

生藤山付近に造成される一万段階段に関する要望書です。

水源環境保全・再生計画案に対する意見書

森林の保全・再生整備に焦点を当てた意見書です。

2004年度活動報告

2004年総会時アピール文

毎年行われる当協会の総会のアピール文です。

不動尻〜大山山頂・ロープウェイ設置計画について

ロープウェイ設置による自然破壊・自然環境に及ぼす影響についての意見書です。

PDFダウンロードはこちら

PDF形式のデータをご覧いただくには
Adobe Systems Incorporated(アドビシステム社)の「Adobe Reader」が必要です。